アトピーと食事療法

アトピーの原因は様々ありますが、食物アレルギーやインスタント食品などに含まれる食品添加物の化学物質が免疫力を低下させるなどが原因のひとつにあると言われています。
そのためアトピーを改善するためには、食生活を改める必要があります。

食事療法には二つの目的があり、食物アレルギーがある場合はそれを避ける工夫が必要なことと、体質を根本から改善するためにバランスの取れた食事をすることです。
アトピーを起こす食品として謝意書に考えられるのが、動物性の食品です。

動物性タンパク質の肉類や牛乳、卵などがアレルギーを起こす原因になると言われています。
特に日本人は牛乳、卵、サバなどの青魚や海老、カニなどの甲殻類が比較的高い確率でアレルギーを起こしやすいと言われています。

自分にとってアレルゲンとなる食品がわかったら、それを避けることが大切ですが、アレルゲン除去療法によって根本的な体質改善を行えば、同じ食品を食べても症状がでなくなる場合があります。
インスタント食品に含まれる食品添加物はアレルゲンの原因になりやすく、アトピーが悪化しやすくなります。

他にも農薬などもとり続けることで、体質や肌質が悪化していきます。
無農薬、低農薬の食品を選び、インスタント食品などを避けるようにすることが大切です。

他にも刺激の強い香辛料やお酒、塩分の強い食事もアトピーの改善を妨げることがあります。
アレルギーを起こす食品が多い場合は、栄養のバランスが悪くならないように、代わりの食品で補うことが大切です。
アトピー改善に効果のある食事は、美容や健康にも効果があるのでおすすめです。
酵素ダイエットでアレルギー緩和はこちらをご覧ください。